■ サーバーメンテナンスのお知らせ(7/24(水)9時~15時) ■

ヴォルティススタジアム

【徳島vs岩手】試合後の選手コメント:渡井理己「2トップとインテリオールの関係がすごく良かった」杉森考起「シュートやクロスといった得点に結びつくようなプレーを意識していました」白井永地「今日の試合にかける思いは強かったです」

■明治安田生命J2リーグ 第11節
4月20日(水)徳島 5-0 岩手(19:03KICK OFF/鳴門大塚/2,316人)
得点者:19’藤尾翔太(徳島)45’藤尾翔太(徳島)70’藤尾翔太(徳島)72’渡井理己(徳島)76’西谷和希(徳島)
———–
○渡井理己選手
今日はDF3枚でボールを回して、相手の2トップが取り切れない時にボランチの選手も前へ取りに行っていたので、そのタイミングで空いたスペースに入って上手く受けられました。それは自分たちが持っていたプランですし、うちの2トップが相手CBを出られないようにしてくれたので、そのおかげでインテリオールの選手にかなり時間ができました。

Q:スアレス選手からの素晴らしいフィードを受けて決め切った得点について教えてください。

3点リードしていたのですが、個人的には得点できていなかったし、相手が疲れていたのもあります。来るのかどうかわかりませんでしたが、信じて走ったら良いボールが来ました。周りもあまり見えていませんでしたし、シュートまで行くというか、最初から勝負しようと思っていた判断は良かったと思っています。

Q:今日5得点できたのは、何が上手くいったと考えますか?

まずは2トップとインテリオールの関係がすごく良かったことです。インテリオールに時間があり、2トップに対応している相手CBの背後へウイングの選手が走る場面が多かったので、深い位置まで侵入できました。杉森選手は常に裏を狙ってくれるので、自分としてはどんどんパスが出せました。

(残り 995文字/全文: 1639文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ