ヴォルティススタジアム

【徳島vs清水】試合後の選手コメント:杉森考起「1点目は練習通りに動いて決めることができました」玄理吾「『やってやろう』という気持ちを全員が持っていましたし、一体感がありました」西野太陽「今日できたことを続けてリーグ戦の勝利と出場を目指したい」

■YBCルヴァンカップ グループステージ第4節
4月13日(水)徳島 4-1 清水(19:03KICK OFF/鳴門大塚/1,475人)
得点者:39’杉森考起(徳島)47’玄理吾(徳島)52’杉森考起(徳島)72’児玉駿斗(徳島)90’栗原イブラヒムジュニア(清水)
———–
○杉森考起選手
Q:2得点それぞれの場面を振り返ってください。

クロスからの得点にはチームで取り組んでいます。ウイングが中へ絞って詰めることも練習していますし、1点目はその通りに動いて決めることができました。2点目のような場面も練習を重ねてきたので、今日も落ち着いて足を振ることができました。

Q:先制点が入った後、チームとしてすごく前向きに活気づいたように見えました。

点が入るまでは難しい試合をしていたと思います。後半の立ち上がりに追加点も取れたので、あの得点は本当に良かったです。

Q:今日はルヴァンカップですが、ホームでの初勝利です。

ファン・サポーターの皆さんが毎試合応援してくれている中で、なかなか勝利を届けられていないというのはチームの全員が責任を感じていると思います。一つでも多くファン・サポーターの皆さんの前で勝てるように、引き続き努力していきます。

(残り 1357文字/全文: 1874文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ