ヴォルティススタジアム

【徳島vs広島】試合後の選手コメント:長谷川雄志「もう少しボールに触る機会を増やしたかった」石井秀典「ビルドアップに関して言えば、相手のプレスに完全にハマったという印象です」

■YBCルヴァンカップ第1節
2月23日(水・祝)徳島 0-3 広島(14:03KICK OFF/鳴門大塚/3,992人)
得点者:24’住吉ジェラニレショーン(広島)33’永井龍(広島)57’東俊希(広島)
———–
○長谷川雄志選手
Q:相手のプレスが厳しかった中、今日の試合を振り返ってください。

個人的にはそこまでプレッシャーを感じていませんでした。しかしまだ味方CBとの関係性が不十分でした。自分に当ててリターンを受ければ、前向きに次のビジョンが見えたと思うので、もう少しボールに触る機会を増やしたかったです。練習から要求し合わせていく作業が進めば、今後改善していくと思っています。また、インテリオールの選手たちとのコンビネーションで相手DFを剥がせた場面もあったので、そこは継続してやっていきたいです。

Q:攻撃面で感じている課題はどこですか?

出し手と受け手の意思疎通がまだ足りません。出し手が動いてほしい方向とは逆に受け手が動くことが今日もありました。ちょっとしたことですが、そこを合わせるともっとチャンスの回数が増えると思います。映像を一緒に見れば、より理解が進むと思います。

(残り 491文字/全文: 984文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ