ヴォルティススタジアム

【徳島vs広島】試合後の選手コメント:岩尾憲「一年間手を抜いてやったつもりはありませんが、必死に走ってきた結果がこれだということは受け止めなければいけない」岸本武流「とても悔しい気持ちと、これが僕たちの今の実力なのかなという思いがあります」

■明治安田生命J1リーグ 第38節
12月4日(土)徳島 2-4 広島(14:03KICK OFF/鳴門大塚/8,170人
得点者:9’藤井智也(広島)11’エゼキエウ(広島)36’エゼキエウ(広島)54’岸本武流(徳島)65’浅野雄也(広島)80’一美和成(徳島)
———–
○岩尾憲選手

Q:3失点という前半は想定外だったのではないですか?

冷静になって見なければわかりませんが、ピッチ内での感覚だけで言うと、現象として起きてしまったと思います。ボールを奪いに行くというプランはありましたが、思っていたようなアグレッシブさでプレスをかけるシーンはキックオフからあまりありませんでした。相手に自由に持たれたり、フリーの選手を作られたりする状況が開始15分の間に何度かあり、対応としては後手を踏む形になりました。

Q:前半は風下でしたが、どのような戦術で戦おうと思っていましたか?

本来は僕らが風上を取りたかったのですが、コイントスで負けてしまい、相手に選択されてしまいました。ボールを動かしにいきますが、もう少し雑と言うか、大味な展開になってもしようがないという気持ちはありました。後半は風上に立ちますので、そこでギアを上げてゴールを奪いに行ければと思っていました。思ったようになりませんでしたが、サッカーなのでこういうことも起きます。

Q:先ほど試合後のスピーチで多くをお話しいただきましたが、あらためて今季を振り返えると、どのような感想がありますか?

これが実力ということです。最後は自力で勝点を積み上げないと残留できないというぎりぎりの状況でこのような試合になってしまうというのが、この一年間の集大成だと思います。途中でどんなに良い試合をしても、際の戦いにおいて本当の力や練習の成果が出てしまうのかなと感じています。そういう意味では、一年間手を抜いてやったつもりはありませんが、必死に走ってきた結果がこれだということは受け止めなければいけないと思っています。

Q:2失点した後に円陣を組んでいましたが、どのような話をしましたか?

「失うものは無いのだから、しっかりとサッカーしようよ」と、いうようなことを言いました。守備も攻撃も、この状況での振る舞いとしてはありえなかったので、「今やらないでどうするんだ」と言いますか。そのような話を僕だけではなく、いろんな選手からポジティブな発言が出ていました。

(残り 986文字/全文: 1981文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ