ヴォルティススタジアム

【名古屋vs徳島】試合後の選手コメント:福岡将太「よりコンパクトに選手間のつながりを良くすることを話し合いながら意識してプレーした」浜下瑛「前半は全員で耐えていい感じで終われたんですけど…」

■明治安田生命J1リーグ 第28節
9月10日(金)名古屋 3-0 徳島(19:04KICK OFF/豊田ス/4,964人)
得点者:52’マテウス(名古屋)83’オウンゴール(名古屋)89’金崎夢生(名古屋)
———–
〇福岡将太選手
Q:基本的な立ち位置としては4バックそれとも3バックだったのでしょうか?
「4バックがベースで攻撃時に3バックになる形でした」

Q:いつもに比べて守備でコントロールする意図を感じましたが?
「自分たちのスタイルとしてはボールを保持しようとすることは変わらないことですが、相手の上手さもありボールを持たれる時間もあるので、そこは焦れずにやることをみんな意識しながら、よりコンパクトに選手間のつながりを良くすることを話し合いながら意識してプレーしました」

(残り 1343文字/全文: 1682文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ