ヴォルティススタジアム

【徳島vs清水】試合後の選手コメント:西野太陽「チームのやり方にフィットしてきている」杉森考起「選手が入れ替わりながら適切な立ち位置を取れていた」岸本武流「なかなか勝てていない中で、自分たちが変わらなければいけないという意識が強くありました」

■明治安田生命J1リーグ 第22節
7月11日(日)徳島 2-2 清水(18:03KICK OFF/鳴門大塚/5,091人)
得点者:2’原輝綺(清水)14’渡井理己(徳島)19’オウンゴール(清水)87’小西雄大(徳島)
———–
○西野太陽選手
Q:リーグ戦で初先発した感想を聞かせてください。

「毎試合J1のレベルの高さに驚かされています。しかし出場時間を増やしながら、自分のストロングポイントである裏への抜け出しを出せたり、チームのやり方にフィットしてきているとも感じています」

Q:これまでに出場した試合と比べて、今日の戦い方に違いを感じましたか?

「全員が流動的にポジショニングし、ボールを保持するという部分ではこれまで以上に相手を上回っていたと思います。それと同時に、決定力という点はまだまだもの足りないのだとも感じました。
早々に失点する悪い流れではありましたが、ここ最近の練習からチームのフィーリングは良かったと思いますし、一体感を感じていました。自分は途中で交代しましたが、絶対に追い付いてくれると信じていました」

Q:次節まで少し時間が空きますが、どのような時間にしたいですか?

「まずはリフレッシュします。そしてそこからフィニッシュの部分にフォーカスし、チームとしてもっと得点できるようにトレーニングを重ねます」

(残り 846文字/全文: 1406文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ