ヴォルティススタジアム

リカルド監督「残り3試合、このチームにとっての最良の時間になれば」渡井理己「自分たちが受け身にならないように、積極的に守備や攻撃ができれば」岩尾憲「難しい試合になることは間違いない」ー天皇杯:HondaFC戦に向けた監督・選手コメントー


○渡井理己選手
「(Q:J1昇格とJ2優勝を改めて振り返って)
本当にずっと夢に思ってきたのでそれが現実になりました。素直に嬉しいです。個人的には実感というのはまだありませんが、ここからじわじわくるかなと思います。

(Q:福岡戦を振り返って)
相手も少し戦い方を変えて前から来ていました。相手を裏返すことができた時はチャンスを作ることができていました。そういった攻撃がもう少し多くできていれば相手を押し込むこともできていたと思います。ただビルドアップを引っ掛けられたことが失点につながったので、J1へ行くにあたってはそういう所でもより精度を求められてくると思います。自分たちのスタイルがある分、より精度を高めていかないと戦えなくなると思うので、もう一度再確認して、来年戦っていきたいと思います。

(Q:対戦相手Honda FCについて)
情報自体はあまりないですが、やっぱり力があるチームだと思います。JFLにいるのが似つかわしくない位強いチームだと思っているので、自分たちが受け身にならないように、積極的に守備や攻撃ができれば、自ずとリズムは作れると思います。一発勝負ですがゴールを目指してやっていければと思います。

(Q:去年戦った印象について)
どちらかと言うとボールを持たれて支配される試合展開でした。自分たちがボールを持てれば相手もリズムが掴みづらいと思うので、リーグ戦と継続して同じように戦っていければと思います」

(残り 1067文字/全文: 1671文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ