■ サーバーメンテナンスのお知らせ(7/24(水)9時~15時) ■

ヴォルティススタジアム

【選手が振り返る2016シーズン】広瀬陸斗選手「試合出れた分、それに合った結果をもっと出したかった」

12月3日(土)のトレーニングをもって徳島ヴォルティスの今シーズン全ての活動が終了した。
これからはOFFとなるが、ヴォルスタでは、選手のインタビューを通じて今シーズンを振り返っていく。

第8回は広瀬陸斗選手。今シーズンの公式戦欠場はリーグ戦のわずか1試合のみ。信頼を勝ち取り右サイドの定位置をシーズン通して守り続け、圧倒的な運動量から攻守でチームに貢献した。今年は21歳にしてJ2リーグ戦100試合を達成し、今シーズンチームで最も試合に出場した広瀬選手に1年を振り返ってもらった。
————–
広瀬陸斗
Q:今シーズンは、どんな1年になりましたか?
「シーズンを通して、多くの試合に出れたというところでは自分にとって成長できたシーズンでした。ただ、その中で試合出れた分、それに合った結果をもっと出したかったです」

(残り 434文字/全文: 790文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ