ヴォルティススタジアム

【熊本vs徳島】岩尾憲選手「もう一回地に足をつけてプレーしないといけない」橋内優也選手、佐藤晃大選手、藤原広太朗選手、渡大生選手のコメントも。

■2016明治安田生命J2リーグ 第24節
7月20日(水)熊本 1-0 徳島(19:03KICK OFF/うまスタ/3,701人)
得点者:87’清武功暉(熊本)
—————

○岩尾憲選手
「終始あまり良くない中で、自分がボールを落ち着かせたりする役割だったんですけど、サイドに振った後もう一回時間を作ったり、縦パスを狙うタイミングを伺ったり、そういうタイミングを沢山作ってあげないと、前の選手にいいパスを供給できていないとわかっていたので、その辺がコントロールできなかったです。ミスも全体的に多かったので、もう一回地に足をつけてプレーしないといけないなと思いました」

(残り 1412文字/全文: 1698文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ