ヴォルティススタジアム

【愛媛vs徳島】プレビュー:守備の改善が不可欠な一戦。チームとしての修正力はいかに!?

■2016明治安田生命J2リーグ 第18節
6月12日(日)愛媛vs徳島(19:00KICK OFF/ニンスタ)
—————
攻撃は目を見張るほど進化してきている。鋭く入るようになった効果的な縦パス、相手より一歩早い動き出し、飛躍的に高まった選手間の連動と、ヴォルティスは試合を重ねるごとにその力をアップさせていると言えよう。だからこそ前節は流れの中から見事な2ゴール。特に2点目などは岡山守備網の真ん中を一瞬で切り裂く文句なしの崩しであったと賞賛できる。

しかし、敗戦。それだけの攻撃を展開して二度ネットを揺らしながら、前節チームは白星に届かなかった。そしてそうなってしまった原因は明らかだ。3失点を喫してしまった甘い守備──。いくら攻撃の内容が上がっても、やはりそれがあっては望む結果を手にできないと、選手たちは改めて痛感したに違いない。
それだけに今節のゲームの焦点は言うまでもなくハッキリしている。守備をどれだけ引き締められるかがそれであり、中3日と時間はなくともヴォルティスには確かな修正が非常に強く求められるところだ。

(残り 814文字/全文: 1282文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ