SIGMACLUBweb

【広島 1-0 C大阪L】サンフレッチェ広島レジーナ、中村講座を修了

サンフレッチェ広島レジーナの第1期が、修了した。

「終了」ではなく「修了」としたのは、意味がある。中村伸監督の3年間が終わり、新たなフェーズに入るということではあるので「終了」や「卒業」でもいいのかもしれない。しかし、今のレジーナは、まだまだ「サッカーを学んでいる」段階である。

修了という言葉の意味は「学業などの一定の課程を終えること」だ。つまり、レジーナはあくまで、中村伸監督による講義が終わっただけであり、まだまだ学ぶべきことはたくさんある集団である。選手として完成しているとすれば近賀ゆかりと福元美穂くらいで、彼女たちもまた、常に学ぶ姿勢を崩さない。

つまり、レジーナはあくまで「修了」。1つの課程が終わり、次のステップにあがる時が来たということだ。

ただ、彼女たちにとっての第一課程となる中村伸監督との3年間は、非常に大きな「実り」が存在した。例えば、かつての新潟で経験を積んできた左山桃子である。

「レジーナが表現するサッカーの基本である『後ろからのビルドアップ』にしても、ここまで徹底することは、今まで経験したことがなかった。(私に)サッカーを教えていただいたなって思っています」

確かにWEリーグがスタートした時、レジーナのサッカーに対して「すごく特徴的なサッカーをする」と言う女子サッカーの関係者がたくさんいた。「徹底してつないでくる」「後ろからのビルドアップが特に」など。

ただ、広島のサッカーに慣れている筆者からすれば、特別だと感じたことがない。中村監督のサッカーは、オーソドックス。繋いで、サイドを起点にして、ボールを大切にする、王道のサッカーだと感じていた。

左山の言葉を改めて聞いて「なるほど」と思ったのは、筆者が「王道」と感じていたものが、彼女たちにしてみれば「新鮮」だったという事実だ。中村監督や足立修前強化部長が言っていた「広島のサッカーを、女子サッカーに持ち込む」という思想は、ある意味で革命的。だからこそWEリーグ初年度、まだ実体の無かった広島からオファーを受けた時、彼女たち目を輝かせて広島入りを決めた。「私たちもやってみたい」。そう思わせるものが、確かにあったのだ。

実際、左山は巧くなった。最初に見た時の彼女は、典型的なクラッシャータイプの選手であり、ビルドアップするサッカーへの適合性があるのか、疑問ですらあった。だが、中村監督の3年間で彼女は大きく成長。ショートパスだけでなくロングフィードも精密性を増し、攻撃の起点として十分に機能する存在となった。

その「成長」は決して簡単なことではない。

中村監督は左山に具体的な処方箋を施した。

「ビルドアップの時は特に、全体が見える位置をしっかりと作れ。逆サイドにボールがあったとしても、自分がどこの立ち位置に立てば、全体が見渡せるかっていうのを、しっかり把握しよう」

言葉だけでなく映像も見せて「こういう場合、ここだったら相手のプレッシャーも感じないから、全体が見える」と具体的に提示した。左山はその一つ一つのサジェスチョンをしっかりと吸収し、トレーニングでも試合でも、頭をフル回転させて、動き続けた。

最初はうまくいかない。時間はかかった。だが、その失敗をも糧にして、彼女はうまくなっていった。

「私は確かに相手の起点を潰すことが強みでディフェンスをやってきた。でもレジーナに来て、シンさんやコーチングスタッフの方々に、後ろから繋ぐためのパスの仕方だったり、本当細かく教えていただけたからこそ、今の自分があるんです。自分で言うのもなんですけど、本当に本当に成長させていただいた。この年齢(32歳)でもまだまだ、チャレンジできるなって思わせてくださいました」

(残り 2069文字/全文: 3579文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ