SIGMACLUBweb

「森島司サイン&記念撮影会」の一番乗りを果たしたご夫妻が、抱えていた事情

夫はずっと、10番が張り付いていた紫のユニフォームを、握りしめていた。

妻はその横で、まっすぐに一人の若者を凝視していた。

7月23日、エディオン広島本店西館1階、森島司のサイン&記念撮影会が始まった頃に見た、一つの風景だ。

森島に会えるのを一日千秋の想いで待っていたのは、石堂さんご夫妻。広島市東区にお住まいのサポーターだ。

ただ、お二人は一つの事情を、抱えていた。

妻・安子さんは、今、抗がん剤治療を受けている。入院治療ではなく、広島赤十字・原爆病院に通院する治療ではあるが、副作用も厳しく、体調的には決して楽ではない。家で起き上がることができなくなる時も、決して少なくないとも聞いた。

(残り 1044文字/全文: 1338文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ