SIGMACLUBweb

【日本 2-1 ドイツ】歴史的勝利を演出した勇気あるプレーと思い出された2015年浦和戦ハーフタイム

モニターの前で叫んだ。跳ねた。そして躍った。

合計3度。堂安律の同点弾。浅野拓磨の逆転弾。そして勝利の瞬間。

ワールドカップ4度優勝、欧州予選をあっという間に勝ち抜き、今大会も優勝候補にあげられているドイツを相手に、日本は初めて勝利した。ドイツにとっては1994年ワールドカップの対ブルガリア戦以来の逆転負け。前半リードしている状態からの敗戦は、1978年の対オーストリア戦以来。つまり、日本代表の逆転勝利は歴史的かつ世界的な快挙だった。躍らずにいられない。

(残り 2609文字/全文: 2836文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ