SIGMACLUBweb

【2022年総括②】ミヒャエル・スキッベ監督就任、その経緯についてPart.2

2021年3月/偶然の出会い、そして。


後に広島のコーチとしてドイツから帰国することになる松尾喜文氏には、奇妙というか、素晴らしい偶然が織りなす体験があった。それは2021年3月のことだ。

当時、コロナ禍の真っ只中で、ドイツでも子供たちが集まってサッカーをすることが難しい状況だった。

当時、デュッセルドルフに住んでサッカーを教えていた松尾氏も、「グラウンドも使えない状況で、どうやればいいんだ」と苦慮していた。

そこで彼は子どもたちを近所の公園に集めることにした。「4歳以下の子供たちなら、5人までは集まってもサッカーをしてもOK」というルールもあり、松尾氏は子供たちを5人ずつで回しながら、サッカーのトレーニングを行っていた。

その時、たまたま犬の散歩で通りかかったのが、ミヒャエル・スキッベその人だった。彼は子供たちがサッカーをやっていることに興味をもったのか、ゆっくりと近づいてきた。

(残り 4232文字/全文: 4623文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ