SIGMACLUBweb

【広島 4-1 浦和】広島のマイスター=森島司の精密な職人技と「迷わず行けよ、行けばわかるさ」

ヒーロー・森島司は、取材が苦手である。今年のSIGMACLUBのインタビューで「取材、頑張ります」と言ってはいたが、確かに頑張ろうという意志は見えるが、それでも苦手は苦手。ただ、決して無口というわけではない。

試合後、ミックスゾーンで彼が一生懸命に言葉を発していると、この日の試合前にJ1通算250試合出場の表彰を受けた佐々木翔が横に立って、ずっと森島が話しているのを見ていた。それに気づいた10番は、「ショウくんに代わります」と言って自分は立ち去ろうとした。まだほとんど、コメントしていないのに。

もちろん、引き留めた。すると佐々木が「一つ、(満田)マコのためにちょっと言っておこうと思って」と話し始めた。

あのFKゴールは、ハーフタイムから宣言していました。狙っていいですか?(GKが前に)出てるからって言っていたんですよ」

(残り 3447文字/全文: 3809文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ