SIGMACLUBweb

サイドからサイド。揺さぶりとクロスで柏の堅守を攻略したい。

新外国人選手についての情報がネット上にも溢れていますが、SIGMACLUBでは「オフィシャル」の立場上、正式発表された人事のみを取り上げることにしております。ご了承ください。

台風が過ぎ去り、アウェイ柏戦も予定どおり開催予定。しっかりと闘って勝利を目指すのは当然だが、そのためには彼らの堅守を打破しないといけない。7月10日の対鳥栖戦以降、4連勝。得点は5得点と少ないが、失点はわずか1点。今のJ1においては最強の盾といってよく、順位も2位。ACLもルヴァンカップもなく、日程としてもリーグ戦に集中しやすい環境にある柏は、リーグ制覇のダークホースでもある。

マティウス・サヴィオと古賀太陽が前節欠場。特にマテウス・サヴィオはここまで6得点4アシストと完全な攻撃の中心として機能しており、彼の不在は非常に痛いと思われたが、結果としては2-1で京都に逆転勝ち。強かさを感じさせるチームである。

では、彼らをどう攻略するか。

柏は平均ボール支配率45.5%とボールを握らないチームである。守備時には5バックになり、全員の守備意識が高い。だが、前節の京都戦でも何度か決定機は与えており、「盤石」という印象はない。必ず、どこかで隙はできる。

その「隙」をどうやってつくりだすか。そのヒントになるのが、やはりサイドの攻防ということになるだろう。

(残り 1819文字/全文: 2380文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ