SIGMACLUBweb

【宮崎キャンプ】こだわりたいのは概念の徹底

気になっていることは、選手たちから「バランス」という言葉が出始めたことだ。

「90分全ての時間で前からいけるわけではない。メリハリをつけつつ、プレスをかけるタイミングを図るのは大切。そのスイッチを入れるところは合わせないといけない。前に行くのはベースになるけれど、行けない時にどういうポジションどりをとるかってところは大切になってきます」

塩谷司の言葉である。また、彼と同様にボランチでの起用が有力視されている野津田岳人も「熊本でのトレーニングマッチで見えた前に出過ぎてバランスを崩して(失点してしまった)というところは、チャレンジしている中だったので仕方ないけれど、そこはもっと意識しやらないといけない」と語った。

言っていることは間違いではない。むしろ、そこは整理しないと、現実的には勝点はとれないとは思う。

ただ、まだ早過ぎるとも、一方では思う。

(残り 1482文字/全文: 1854文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ