SIGMACLUBweb

【サンフレッチェ広島レジーナ全選手名鑑WEB版】松原優菜選手/両足のキックが強みと言えるように。

CB/松原優菜選手 MATSUBARA YUNA No.2

2000年1月24日生まれ。身長160㎝/体重55kg。大阪府出身。C大阪の育成組織で育ち、2016年からC大阪堺レディースでプレー。2020年はなでしこリーグ1部で15試合に出場。U-19日本代表(2019年)、U-20日本代表候補(2020年)。現在は姉・志歩と2人暮らし。好きな俳優は竹内涼真さん。

……プレシーズンマッチ4試合での収穫をあげるとすれば?

優菜●ビルドアップのところにはこだわっていたし、ディフェンスからいい攻撃に繋がるようにしていきたいと思っていました。何度かサイドハーフに(ボールを)付けられたのは今までになかったことだし、そういう面では成長できたかなと思います。ただ、周りに頼っているところも多いのでこれからも頼りつつ(笑)、自分でもしっかりとやっていけるようになりたいです。

……自分の強みと課題について。

優菜●えーっ、どうしましょう(笑)。何にしましょうかね(笑)。1番の強みは、うーん……、右でも左でも蹴れるところかな。

……両足で蹴れるのは、立派なストロングだと思いますよ。

優菜●でも、もっとその精度をあげたいです。自信をもって「両足のキックが強み」と言えるように、頑張ります。課題は前に強く(プレスに)行くこと、FWとの競り合いでももっと強くならないといけない。

……でも、潰しにいこうという意気込みは試合で出ています。

優菜●ただ、行き過ぎてしまって(相手に)ターンされたりすることもあった。状況判断もちゃんとできるよう、頑張ります。

……経験豊富な中村楓選手と一緒にプレーすることが多かったですけど、心強かったのでは?

優菜●はい。やばいと思った時にいつも出てきてカバーしてくれる。いつもありがとうございますって感じです(笑)。

……レジーナで学べていることは?

優菜●(前所属の)C大阪堺レディースの時は同年代が多かったのですが、広島では年の離れた先輩とプレーできる。それが新鮮でした。サッカーの面でも経験の重要性を感じることができていて、学ばせてもらっています。

……左山桃子選手と仲がいいですが、学べているところは?

(残り 984文字/全文: 1882文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ