縦に紡ぎし湘南の

【コラム】言葉とともに振り返る2023年(九)

5位以上を目指した道のりは険しかった。去る2023シーズン、ベルマーレは白星発進するも、以降思うように勝利を得られず、リーグ戦の折り返しと前後して最下位に沈んだ。終盤戦に入って持ち直し、最終節をまえにJ1残留を勝ち取ったものの、結果は15位と、掲げた目標には大きく届かなかった。

全日程を終え、指揮官は「悔しさと歯がゆさ」を口にした。また主将の大岩一貴は「最低限の結果」と言った。なぜに陥り、そしていかに脱したのか。苦難と向き合い、乗り越えた彼らの貴い足跡を、折々に語られた言葉とともに辿る。(最終回)

(残り 1506文字/全文: 1756文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ