縦に紡ぎし湘南の

【レポート】首位チームとの激闘はドロー決着。勝点1に宿る実り

キックオフからほどなくしてスコアは動いた。11分、セカンドボールの攻防から杉岡大暉がドリブルで抜け出すと、パスを受けた阿部浩之がなかに目を遣り折り返し、大橋祐紀がこれに詰めた。「右足で持っているときになかが見えて、その奥に拓也がいるのも分かっていたので、あいだで誰かが触ることができればと思っていた」とアシストした阿部曰く。逆サイドを駆け上がる岡本拓也や池田昌生も含め、流れるようなカウンターと3試合連続となるエースのゴールでベルマーレが先制した。

(残り 1199文字/全文: 1423文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ