縦に紡ぎし湘南の

【コトノハ】阿部浩之「うまくチームが勝てるようにだけ」

約3週間に渡る中断期間、チームはトレーニングや練習試合を通じて自分たちのやるべきを粛々と磨いてきた。「やれることをひとつでも増やす、精度をひとつでも上げるというところ。自分たちのやってきたことを信じて、精度、練度をどれだけ上げられるか。良い練習ができていると思います」阿部浩之は語る。

(残り 1069文字/全文: 1211文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ