縦に紡ぎし湘南の

【コトノハ】岡本拓也「勝ちに持っていくひとつのピースに」

組織的な守備が容易ではないことをあらためて思う、前節のG大阪戦はそんな一戦だった。

「高さ(の設定)が難しかった」自省も踏まえて、岡本拓也は振り返る。
「もう少しコンパクトにできたと思いますし、どの位置でコンパクトにするのかが少し不明確だった。意識のズレが個々にあったのではないかと思います」

(残り 850文字/全文: 994文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ