縦に紡ぎし湘南の

【コトノハ】山本脩斗「もう一段上に行ける」

前節のルヴァンカップ浦和戦について、山本脩斗があらためて振り返る。
「前半いい形で早い時間に点を取れて、ただそこから守備が若干重くなってしまった。前から行こうという意識はチームとしてありましたけど、後ろに重くなってちょっとずつ相手との距離ができ、相手のセンターバックもボールを持つのが上手かったので、そこから差し込まれたり、フリーで裏にボールを蹴られたりして、なかなか取りどころがなかった。自分たちできつくしてしまった部分はありました」

(残り 986文字/全文: 1203文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ