縦に紡ぎし湘南の

【コラム】語録で振り返る2022年④「つねにポジティブに」

後半アディショナルタイムに入ろうかというときだった。山本脩斗が自陣でインターセプトするや持ち上がり、パスを経て、石原広教のクロスに自らヘッドで応える。G大阪を相手に土壇場で0-0の均衡を破ったこのゴールがリーグ戦初勝利を呼び込んだ。

(残り 1053文字/全文: 1169文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ