縦に紡ぎし湘南の

【貴裁語録】「どこを目指しているの?」

山根視来のスペースへのロングパスに始まり、ベルマーレは序盤から相手陣内に展開した。コンパクトフィールドを背景に動き出しやセカンドボールで先手を取り、前向きなポゼッションとともにリズムを手繰り寄せていく。山﨑凌吾のラストパスに菊地俊介がダイレクトで応えたようにゴールにも迫った。「前半はいつやられてもおかしくないような流れだった」と、対する松本の反町康治監督の率直な述懐がベルマーレのパフォーマンスを物語る。

(残り 1255文字/全文: 1458文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ