縦に紡ぎし湘南の

【柏vs湘南】レポート:見ている側が息苦しくなるほどに

■2016明治安田生命J1リーグ 1stステージ第17節
6月25日(土)柏 1-1 湘南(19:03KICK OFF/柏/9,643人)
得点者:71’長谷川アーリアジャスール(湘南)90+5”輪湖直樹(柏)
—————
前線から猛然と襲いかかる湘南の圧力に、しかし柏も足もと巧みにかわしながらボールを支配していく。左サイドを抜け出した栗澤僚一が、あるいは右サイドの伊東純也がクロスでチャンスを演出し、右サイドバックに入った茨田陽生が駆け上がり強烈なミドルを放つ場面もあった。

反面、「柏さんのボールを回す力は分かっていた。最初ボールを回されましたけど、やられているという印象はなかった」曺貴裁監督がそう振り返ったように、湘南はタイトなアプローチを弛まず、ゴール前でも粘り強く体を張った。なにより、自分が取るという意志を個々がアクティブな守備に込め、それはときに相手の精度を鈍らせた。推進力を削ぐような後ろ向きのミスもない。

(残り 1039文字/全文: 1454文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ