縦に紡ぎし湘南の

【深化の轍】神谷優太の歩み(1/3)ー『MARE』スピンオフー

海外で活躍する日本人選手のゴールシーンが幼い頃の記憶におぼろげながら残っている。イタリアはペルージャでユベントスを相手に2ゴールを挙げた若き日の中田英寿氏の姿だ。かのひとがプロのキャリアをスタートさせたベルマーレで、同じく神谷優太も今季プロとしての一歩を踏んだ。「目に見えない縁は多少なりともあるんじゃないですかね」楽しげな口調も、そのまなざしは真剣だ。

この冬行なわれた全国高校サッカー選手権大会では青森山田高校の10番を纏いベスト4まで進み、また年代別日本代表にも選ばれるなどその歩みは順調に見える。だが、「自分は悔しさからすべてが始まっているのかなと思います」そう語るように、4月にひとつ歳を重ねたばかりの19歳のこれまでの道のりは、決して順風満帆ではない。

(残り 1206文字/全文: 1537文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ