縦に紡ぎし湘南の

【広島vs湘南】レポート:マイナス2ではなくプラス1をもたらしたもの

■2016明治安田生命J1リーグ 1stステージ第3節
3月12日(土)広島 2-2 湘南(13:04KICK OFF/Eスタ/13,460人)
得点者:46’パウリーニョ(湘南)67’ピーターウタカ(広島)71’藤田祥史(湘南)90’+5オウンゴール(広島)
—————
互いのシュート数にゲームの様相は表れている。湘南の0に対し、広島が11を記録したように、前半はホームチームが長くを支配した。パスを繋ぎ、サイドチェンジを織り交ぜ、ピーターウタカを筆頭にゴールへと迫っていく。

逆に言えば、この時間を湘南がいかに振る舞ったかは見逃せないポイントだろう。

(残り 1466文字/全文: 1746文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ