縦に紡ぎし湘南の

【山形vs湘南】曺貴裁監督記者会見コメント「J1の試合に選手たちもいい意味で慣れて、落ち着いてやれる場面が増えた」

■2015明治安田生命J1リーグ 1stステージ第4節
4月4日(土)山形 1-2 湘南(14:00KICK OFF/NDスタ/7,321人)
得点者:9′ 高山薫、25′ 藤田征也、45+2′ ロメロ フランク
————–
●曺貴裁監督:

「お疲れさまでした。ほんとうにいい天候に恵まれて湘南からたくさんのサポーターに来てもらって、アウェイのこの難しい戦いのなか勝点3を取れたことは、彼らにすこし報いることができたかなという想いと、頑張った選手たちを素直に称えてあげたいなと思います。

きょうは立ち上がりから、風の影響もあったが、我々らしいプレーが随所に見られて、おそらく前半の10分間ぐらいで5、6本シュートを打ったんじゃないかというぐらい積極的なプレーが見られて、すごくいい入りができて2点先行できた。そこまではほんとうに年に1回あるかないかぐらいの理想的な展開でしたが、前半の最後にセットプレーで集中力を欠いたようなプレーでやられてしまい、ちょっと嫌な感じでした。後半入ってすぐ取られるよりは前半の終わりに取られたほうが顔を洗って出直すことができたので、後半始まってやられるより前半終了間際にやられたことがすこし選手の気持ちを立て直せたところでラッキーだったかなという感じはあります。

(残り 1013文字/全文: 1554文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ