ニイガタフットボールプレス

「サイドバックの矜持」【Voice of the Pitch】~新井直人インタビュー vol.3~

今季は副キャプテンとしてもチームをけん引する新井直人選手。サイドバックのプライドを胸に戦い続けるそのまなざしがとらえているのは、実に高い目標だ。

■昨シーズンの手応えがあるからこそ

――昨年、シーズンを通してJ1で戦って、強度の部分であったり、どう感じましたか。

「チームとともに成長できました。僕はセレッソでJ1を経験していて、トレーニングからJ1の質を感じていましたが、昨年はチームとして、なおかつ僕自身が試合により多く出て強度に慣れることができました。シーズン後半に向かうにつれて耐久性も付いてきたと思います。シーズン最後、無失点に抑える試合が増えたのは、チームが個の部分で相手に勝ち続けたからこそだと思います」

――シーズン終盤の守備力は、ブロックを下げて、ゴール前を固めて得られたわけではないですからね。そこが、いっそう価値を高めていると感じます。

「ハイプレスを掛ける中で、センターバックにはセンターバックの守り方があります。サイドバックはまた守り方が違いますが、両サイドバックでボールを奪い切る場面がとても増えたと感じます。僕も右サイドで奪い切っているのを見ると『負けられない』という思いも生まれるし、いい刺激となって、相乗効果が生まれたと思います」

(残り 1451文字/全文: 1978文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ