ニイガタフットボールプレス

【Voice of the Pitch】~藤原奏哉インタビュー~vol.2「意識するのは」

攻撃サッカーを追求する2022年のチームはシーズンを通して上位で戦い続け、最終盤の今、J1自動昇格、そしてJ2優勝をはっきり射程に捉えている。これほどのハイパフォーマンスを維持するチームにおいて、守備はもちろん、崩しからフィニッシュに至るまで深く関わり、活性化する両サイドバックの存在感は絶大だ。右サイドで攻守のカギを握る藤原奏哉に、ニイガタスタイルの真髄を聞く。

■チームの変化と自身の変化

――今のチームは、アルベル前監督(現FC東京監督)の2年間をベースに進化し続けています。松橋力蔵監督の下、どういう積み上げがあって現在の順位、状況が実現されていると感じますか? 監督は、どのような変化をチームに起こしてくれたのでしょう?

「何かが大きく変わったかというと、プレーしている僕らからすれば、そこまでは感じていません。ただ、やっぱりゴールへの意識というのは常々、求められるところです。ゴールに向かうためにボールを保持する。そこが去年から変わったと僕は思います。トレーニングでも、去年はどこかポゼッションするためのポゼッション練習だった印象があります」

(残り 1393文字/全文: 1866文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ