ニイガタフットボールプレス

【Voice of the Pitch】~藤原奏哉インタビュー~vol.1「膨らむイメージ」

攻撃サッカーを追求する2022年のチームはシーズンを通して上位で戦い続け、最終盤の今、J1自動昇格、そしてJ2優勝をはっきり射程に捉えている。これほどのハイパフォーマンスを維持するチームにおいて、守備はもちろん、崩しからフィニッシュに至るまで深く関わり、活性化する両サイドバックの存在感は絶大だ。右サイドで攻守のカギを握る藤原奏哉に、ニイガタスタイルの真髄を聞く。

■久々にがっつり引かれた大宮戦

――今季初の4連勝を果たした大宮戦は、ボールを保持し、次々とチャンスを作って圧倒して……というより、自分たちから崩れてることなく、決めるべきところをしっかり決めてしぶとく物にする勝ち方が非常に印象的でした。

「ボールを持てていたのは、いつもどおりというか。それに、監督が変わって以降の大宮が4-4-2で手堅く来るというのも、事前の分析で分かっていたことです。

でも特に前半は、なかなかシュートに持って行くことができず、攻め疲れを起こした部分がありました。後半は選手交代もあって、前半までとはまた違うアイディアが出てくるようになり、相手も疲れてきて、そういうタイミングでうまくゴールまで持っていけた。そこは、今のいいチーム状態を表していると感じます」

(残り 2112文字/全文: 2631文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ