ニイガタフットボールプレス

【Voice of the Pitch】~秋山裕紀インタビュー~vol.3「サッカーを積み上げる」

選手の成長、進化は、チームの成長と進化に直結する。今季のチームは、それを証明しながらここまで戦ってきた。シーズン最終盤。連続で試合に絡みながら強烈に存在感を放つボランチは、まさにその象徴だ。パスを、ボランチを、サッカーを考え続ける日々が「いま」をつくり出す。

■達さんの言葉

――裕紀選手の現在の自信に満ちたプレーは、なかなか試合に絡めなかった時期の取り組みがあったからこそだと感じます。自分でしっかり考えてサッカーをするのはもちろん、どのようなアドバイスを受け、ヒントを得ながら築き上げているのでしょうか?

「やっぱり達さん(田中達也コーチ)の言葉は大きいですね。試合に絡めない時期も常にそばにいてくれて、達さんはFWだからこそ、『前の選手のこういう動き出しをボランチには見てほしいんだよね』『ボランチがこういうボールの置き方をしたら、俺だったら動き出すかな』というように、映像を一緒に見ながら話してくれました。

そんな達さんを裏切れないです。現役時代からずっとお世話になっているし。そういうつながりは周りからはなかなか見えないところかもしれないですけど、もっともっとやらなきゃ、絶対にやってやろうという気持ちになります。

(残り 2788文字/全文: 3296文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ