ニイガタフットボールプレス

【頼もう!感想戦 feat.平澤大輔】~明治安田生命J2リーグ第33節vsいわてグルージャ盛岡 vol.3~「スタイルを越えていく」

中継映像で観戦したわれわれ2人ですら、後半早々の小島亨介選手のPKストップから伊藤涼太郎選手の先制ゴールまでの数分間のポジティブなエネルギーには圧倒されました。いよいよシーズンも佳境。スパート態勢に入るチームを、元週刊サッカーマガジン編集長の平澤大輔さんと語り尽くします!

■ひらめきが変えていく

――岩手戦で先制した場面も、多くの選手がさまざまな動き方をしながらゴールに殺到し、守る側からすると的を絞れない実に複雑な攻撃が展開されました。人数を掛けてゴールを攻め立てられるところが松橋力蔵監督のチームの特徴であり、大きな強みとなっています。

「リキさんは選手としても指導者としてもマリノスでキャリアを積んできて、ここ数シーズンのシティ・フットボール・グループの文脈も経験しているわけです。

それで僕は先日、ルヴァンカップの広島戦(準々決勝第2戦●1-2)、ACLの神戸戦(ラウンド16●2-3)を取材に行って、どちらもマリノスが負けてしまったのですが、サンフレッチェのFWベン・カリファが試合後の会見で示唆に富んでいることを言っていたんです。『マリノスのように形を持ってサッカーをやってくれるチームはやりやすいと思います。こちらのサッカーを合わせていけますから』と。それを聞いて、なるほどと思いました。

マリノスのマスカット監督もすばらしい監督で、チームはJ1で優勝争いを繰り広げていますが、いつも『相手どうこうではなく、自分たちのサッカーをする』とコメントするんですね。それがすべて本音かは分からないけれど、そうであるがゆえに、相手は何をやってくるかマリノスの手の内が分かるから、準備できてしまう。そういうこともあるんだな、と」

(残り 2852文字/全文: 3591文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ