ニイガタフットボールプレス

【感想戦スペシャル 2022シーズンもまもなく折り返しですね feat.北條聡】~vol.1~「力蔵さんのメッセージ」

4月初めのメールに『松橋アルビは論点がたくさんあって面白い』と記してあったからには、話をうかがわないわけにはいきません。まもなくシーズンも折り返しというタイミングで、北條聡さんと『2022年ここまでのアルビ』を語り尽くします! 感想戦スペシャル、8回連載でお届けします。

■フェアで健全

――半年に一回ペースの、北條さんにアルビを語っていただく企画がやってまいりました。

「今、楽しくて仕方ないでしょ」

――はい。

「去年とは、ちょっと違うよね」

――その、北條さんの目に映る去年との違いを、今回ぜひうかがいたいです。今シーズンが始まって割とすぐのころに北條さんからいただいたメールに、『松橋アルビは論点がたくさんあって面白い』とありました。チームは当初から去年の変化、違いを見せられていたということですか?

「去年からどう変えていくかというのは、松橋力蔵監督にとってメインテーマになるよね。で、力蔵さんは『チームをどうすればよいか?』という問題意識をしっかり持っていて、課題に取り組み、修正する力がすごくあるということが、ここまでの戦いを見ればよく分かる。

何を変えたか見ていく前に、今シーズンのJ2は連戦が多い、というところから始めようか。新型コロナウイルス感染症の影響で、異例の過密日程となった2年前ほどではないにせよ、今年は連戦が多い」

(残り 3261文字/全文: 3824文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ