ニイガタフットボールプレス

【Voice of the Pitch】~鈴木孝司インタビューvol.5~「点を取ることにたどり着く」

ただゴールを陥れるだけではない。試合の流れを読み、たくみにプレーを変えながらチームを勝利に導く抜群の感覚を持つ。サッカーの本質を知るストライカーにとって、新たにアルビレックスの一員となり、昇格のために力を尽くし続けた2021年は、どのようなシーズンだったのだろうか。

■感覚の違い

――鈴木選手は今シーズン、新潟に加入しました。それで、僕にはずっと取材をしてきて感じることがあるんですけど、サッカー選手はいくつになっても「うまくなりたい」という気持ちが大きなモチベーションなのだ、ということなんですね。32歳の鈴木選手にとって、アルベルト監督率いるアルビレックス新潟は、サッカーをする上でどのような環境に映りますか?

「いやあ、難しい質問が来たなあ。

(残り 2815文字/全文: 3137文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ