「川崎フットボールアディクト」

瀬川祐輔「あそこをしっかり決め切らなきゃいけなかったので。あれを防がれての、失点だったので。責任を感じてます」/天皇杯3回戦 vs大分【試合後コメント】

◯瀬川祐輔
――一つタイトルを落としてしまったということついての率直な今の心境を教えて下さい。
「やっていはいけない。落としてはいけない試合を落としてしまった。悔しいですし、いろんな思いがあります」

――閉められいたというか、かなり守られいた印象がありますが、穴を見つけられなかった印象ですか?
「ゴール前に人数が多いなという。ボールを持っているけど、相手も体力が落ちてきているような印象はなかったので。難しいゲームだったとは思います、そういう意味では」

――ああいう展開でちょっとずつ、ボールを動かして行くしかないんですかね。
「ちょっと各駅で回しすぎているという印象と、相手を下げさせるというか、少し自分たちからオープンな展開に持っていく時間帯も作っていいのかなと。取ったボールを早く前につけて、相手が崩れている状態のまま攻めきるとか。何かいろんな、自分たちでじれずにとにかく握り続けるという方に、意識が行き過ぎたかなと。でもそれはいいところでもあり、悪いところでもあるので。難しいですね」

――一本チャンスの場面がありましたが、ポジション崩していたのがポイントだったと思いますが。
「あれはもう全員がポジション関係なく流動的に動いたことで、僕があそこにいましたし。僕は本来あそこで点を決めてきた選手なので。あそこをしっかり決め切らなきゃいけなかったので。あれを防がれての、失点だったので。責任を感じてます」

(取材・構成・写真/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ