「川崎フットボールアディクト」

車屋紳太郎「ちょっとしたところで起点を作られたところから、一気に行かれて。すごく責任を感じてます」/天皇杯3回戦 vs大分【試合後コメント】

◯車屋紳太郎
――復帰戦、悔しい試合になりましたが、どう捉えてますか?
「前半は後ろも集中していましたし。後半ですね。我慢というか、ちょっとしたところで起点を作られたところから、一気に行かれて。すごく責任を感じてますし。これからJリーグで厳しい戦いが続くので。逃げたいところですが、そういうわけにもいかないので。苦しい状況を作ってしまったのは自分たちなので。しっかりそこに立ち向かっていきたいと思います」

――復帰戦を戦えたということについては思いは?
「勝てれば一番良かったですけど。満足感とか達成感とかは全くないですね」

――やってみた感覚、戻ってきた感覚というのはどうですか?久しぶりの実戦でしたが。
「ボールフィーリングは問題ないですし、ボールを持たせてもらっているからこそ、もっともっと相手を走らせて。急がなくていい時にきついボールを入れて、っていう。もう少しシンプルに、丁寧に丁寧に。仕掛けながらも、パスをずらさないだとか、そういうこと、自分達がいつも練習でやっていることを出さないといけないので。それがなかなか出なかったかなという感じがします」

――まだ戦いは残ってますが、車屋選手にとってはここからがリスタートですがどう戦っていきますか?
「逃げるのは簡単ですけど。もう一度ここで、苦しい状況に立ち向かっていかなきゃいけないですし。自分も年齢的に上の選手になって来たので。下の選手を引っ張りながら、やれればいいかなと思います」

(取材・構成・写真/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ