「川崎フットボールアディクト」

小林悠「オニさんも言ってましたが、切り替えてやるしかないかなと思います」/天皇杯3回戦 vs大分【試合後コメント】

◯小林悠
――悔しい結果になりましたが、率直な印象はどうでしょうか。
「ベンチから見ていてなかなか崩せない展開で。ハイライトも見れてないので。アップ中で失点シーンも見れてないんですが、先に2失点されてしまって。2点なら何とか自分たちで取り返していけるかなという感じだったんですが、3失点目を与えてしまったのがすごい痛かったし。僕とエリソンの関係で1点を返せましたが、あの時間帯からあと2点取るというのはなかなか難しいところなので。試合運びとして本当にダメな試合をしてしまったなと思います」

――ガチガチに締められてしまった印象があったんですけど、天皇杯、前もやられてますが、苦手意識あったりしますか?
「5バックになったときはセンターフォワードがなかなか受けれないので。前半からあまりボールを触れてなかったですし。そこは仕方ないかなというか。もう少し、小さいスペースで背後を抜けた時とかチャンスがあったので。そういうのをどんどん繰り返しやっていくしかなかったと思いますし。ただ、後半何本かチャンスがあったので。あそこで決められたらまた違った展開になったかもしれないですけど。先に失点してしまって、立て続けに2失点しまって。試合の運び方が良くなかったなと思います」

――磐田戦と、この試合と、いい流れが消えてなくなるような感じになってしまいますが、切り替えて次の試合はどう臨みますか?
「大会も変わるので。切り替えるのは少し難しいですけど、Jリーグも下の方に居て、1試合も落とせない試合が続くと思うので。オニさんも言ってましたが、切り替えてやるしかないかなと思います」

(取材・構成・写真/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ