「川崎フットボールアディクト」

遠野大弥「一つタイトルがかかった試合を落としてしまって。申し訳ない気持ちで一杯です」/天皇杯3回戦 vs大分【試合後コメント】

◯遠野大弥
――タイトルをひとつ落としてしまったという試合になりましたが、率直なコメントをもらえますか。
「力不足だと思います」

――なかなか遠野選手のところまでボールが入ってこないような印象もありましたが。
「ああいったブロックを組むチームを崩せないってのは、本当にそこまでですし、崩しきれなかったというのが今の現状なので。また切り替えてやっていきたいです」

――ブロックは固かったという感じですかね。
「ディフェンスラインもしっかり、上下で速かったですし。ラインとか下げるとかの、そういった組織的な守備に対して、背後走りたいと思ってましたけど、なかなかタイミングや、目が合わず、あとは相手の速さがあるので。そういったところを、じれずに、相手のコートでできていたのはできてたんですけど。なかなか縦に入りづらかったですね」

――ここからまた1個大会を失って切り替えなければいけないと思いますけれども、どういうふうにやっていきたいかというか、気持ちをもう一回奮い立たせなければいけないと思うんですけど、その辺は?
「オニさんも終わってから言ってましたが、切り替えてやっていくしかないですし、目の前の試合に向かって一人一人がいい準備をしないといけないですし。本当にこの大会の重要性と言いますか、一つタイトルがかかった試合を落としてしまって。申し訳ない気持ちで一杯です」

(取材・構成・写真/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ