「川崎フットボールアディクト」

プレーの選択を反省する遠野大弥、次戦以降の巻き返しに期待/J1 第18節 vs神戸【コラム】

神戸戦唯一の失点シーンを反省するのは遠野大弥だ。

「(酒井高徳が)シュートを打つと思って足を伸ばした股を抜かれてしまって」

そう肩を落とす遠野は「スライディングの方が良かったかなとは、今、反省してます」という。曰く「スライディングの方がたぶん、股を通されずに」ブロックできていたのではないかとの事で「足を伸ばすよりかは、そこはガツンと行った方が良かったなと、決められた後に反省してます」と話していた。

スライディングして体ごと滑ると、それに対して相手選手は切り返したり、シュートモーションを止めたりしてタイミングをずらしてくる。そうした可能性を考慮すると、足を伸ばす対応については必ずしも悪くはなかったのではないかとも思うが、その一方で山内日向汰がカバーできる距離にまで近づいており、声での連携が取れていたら、もしかしたらあのラストパスはブロックできていたのかもしれない。そうした可能性を頭に入れているのかはわからないが、いずれにしてもストイックに反省する遠野の姿勢が今後につながることを期待したいと思う。

(残り 451文字/全文: 901文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ