「川崎フットボールアディクト」

山田新「いい準備ができましたし、本当にうまく自分の前に転がってきたので。うまく流し込めたなと思います」/天皇杯2回戦 vsソニー仙台【試合後コメント】

◯山田新
――先制点のところを教えて下さい。
「ヤスくん(脇坂泰斗)と、マルシーニョの関係で、ヤスくんがあそこで持ったときのマルシーニョの動き出しのある形ではあったので。それに対していい準備ができましたし、本当にうまく自分の前に転がってきたので。うまく流し込めたなと思います」

――相手の裏を取る動きはスカウティングで認識していたという話でしたが。
「そうですね、そこが出たのかなと思います」

――その前に一本、決定機がありましたね。
「あそこで決めきれてればもっと楽な展開になったんですが慎重に行き過ぎました。もっと大胆にシュートを打っても良かったかなと思います」

――結果的に勝ち上がれたことについては?
「本当に難しいゲームでしたし、違うカテゴリーで僕たちにとって初戦で難しいゲームでしたけど、本当に勝てたことが一番重要かなと思います」

(取材・構成・写真/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ