「川崎フットボールアディクト」

鬼木達監督「やっぱり受けちゃいけないっていうものはあると思います」/天皇杯2回戦 vsソニー仙台【試合前コメント】

◯鬼木達監督
――この期間の取り組みについて教えて下さい。
「改めてベースのベースと言いますか、技術のところにもう一度フォーカスしてやっているのが現状です。ただまあ、本当に改めて、もっともっと厳しい目で見ると、まだまだできてないこと、やらなきゃいけないことというのがより明確に出てきた週かなというふうには思っています。ただ、選手の意識が変わることで、かみ合った時は本当にいいプレーがでますし、少し集中を切らせば、やはりそこのところはまだまだ、身に付いてない部分の技術は、例えば疲れがあったりとか、ちょっと集中力が欠けたりしたら、やっぱりミスが出てしまうので。やっぱりそこら辺のところはどんな状況でも自然にできるように。技術ということを言わなくてもいいぐらい、体に染み込ませる。それぐらいのところには持っていきたいなというふうには思っています。ただ、いい取り組みはしてくれていると思っています」

(残り 3626文字/全文: 4020文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ