「川崎フットボールアディクト」

エリソンのパンツ上げ、無意識だった【#オフログ】

プレー中のエリソンで最近気になっていたのが、左側のズボンだけずり上げていること。最初はそんなものかと気にしていなかったが、だんだん「今日はどうだろうか?」などと気になるようになってしまい、なんならヒップホップの人が片方のズボンをずり上げているああいうサインの一つかと考えて本人に聞いてみることにした。

「わからないです。なぜでしょう(笑)」

そう苦笑いするエリソンは「動きの中でこうやって上げる癖があって、そこからやってしまっているんでしょうけど、サッカーパンツがきつく感じるのかもしれないですし、なぜか自分でも良くわからないです(笑)」とのこと。

縁起担ぎなのか?とか、マルシーニョのシャツインのエピソードのような話が出てくることを期待していたが、そんなことはなかった。

「気づいたらやってます。何か気持ちよくて。そうすれば、少し早く動けるように感じた、ということだと思います」

ということで改めて見直すと藤枝MYFC戦などは両方をたくし上げている時間帯もあった。そうやってパツパツのパンツスタイルでプレーしているのは快適さを求めてのことで、それも無意識にやっていたという。まあ、太ももがエグいくらい太いので、僕ら常人にはわからない窮屈さがあるのかもしれない。

(取材・文・写真/江藤高志)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ