「川崎フットボールアディクト」

橘田健人らしい責任の受け止め方/J1 第16節 vs柏【コラム】

失点の場面について「セットプレーでやられてしまったのは残念です」と振り返る橘田健人は、そもそも後半の試合運びに問題があったと話す。

「それ以前に後半の試合の運び方というところで、後半の入りからずっと押し込まれてしまったので。失点のところよりは、後半の戦い方というところで、改善しないといけないかなと思います」

そして、そんな後半について「無駄なファールをしないこともそうですが、守り方というところで、まずは上手く守れてなかった」のだと反省しつつ「相手のやり方に対して、全部後手でやってしまったという感じがありました」と述べている。

(残り 336文字/全文: 599文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ