「川崎フットボールアディクト」

脇坂泰斗が話す「思いの掛け算」/J1 第15節 vsG大阪【コラム】

敗れたG大阪戦を反省する脇坂泰斗は、チームを強くしていくために必要なものは練習の中にあると指摘する。

「一人一人が、思っているものを一つにしていくというのは、練習だったり、そういったところで合わせていく(必要がある)」

そして、勝利に必要なものは、思いの掛け算だと述べている。

「一人一人が自分が勝たせるという思いを掛け算にしていくことがチームが強くなって行くことだと思うので」

(残り 494文字/全文: 680文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ