「川崎フットボールアディクト」

鬼木達監督「自分自身がやっぱり勝たせるんだと思ってピッチに立てるかどうか」/J1 第15節 vsG大阪【試合前コメント】

◯鬼木達監督
――鳥栖戦はちょっと残念な形というか、失点が少しかさんでしまって、少しショッキングというか、少しズシンとくるような敗戦だったとは思います。改めてあの試合を受けてガンバ戦にどうつないでいきたいか、その辺の思いというのはいかがでしょうか。
「反省の多いゲームでもありましたし、本当に今まで積み上げてこれたものが、積み上がってんだなって思えるようなゲームであったので。そこの両方をしっかりと、その思いをしっかりと持ちながらも、アウェイの勝利というところというんですかね。やはりタフに戦って??と思いますので。そうしていかないと、なかなか勝つことも難しいと思っているので。一番はタフに戦えるかどうか。そういうところをしっかりと求めて、本当に勝ち点3のところですね。そこにこだわってやっていきたいという、そこの思いが強いですね」

(残り 3864文字/全文: 4228文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ