「川崎フットボールアディクト」

小林悠「責任を感じていますし、後ろがゼロに抑えてくれたので。何とかこじ開けなきゃいけなかった」【コラム】

東京V戦を0−0で終えたフロンターレはこれで連続無得点試合という不名誉な記録を4試合に伸ばしてしまった。この結果に対し、責任を感じていると話すのが小林悠だ。

「責任を感じていますし、後ろがゼロに抑えてくれたので。何とかこじ開けなきゃいけなかったんですけど」

悔しいはずの試合後、それでも取材に真摯に応じる小林は「個人としての力不足もそうですし。チームとしてどう崩していくのかっていうのも。まあでもそれはずっと言っているので」と口にして「それはなかなか改善されていないので。どうしていけばいいのかなと、自分でも思っていますが、映像を見直して、またしっかりコミュニケーションをとって、話し合いながらやって行くしか無いかなと思います」と述べている。

(残り 299文字/全文: 618文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ