「川崎フットボールアディクト」

ファンウェルメスケルケン際「サポーターの声だったり、ああいう、いい意味での緊張感が集中させてくれたので。スタートした時にはもう緊張感は無くなってました」【コラム】

ここまでベンチ入りすらなかったファンウェルメスケルケン際が東京V戦に初先発した。

「いや、結構緊張しました(笑)」

海外でキャリアを積んできた選手なだけに、飄々と試合を迎えるのだろうと思っていただけに意外な言葉だったが、サポーターの後押しもあり、いい緊張感で入れたと話す。

「でもやっぱりサポーターの声だったり、ああいう、いい意味での緊張感が集中させてくれたので。スタートした時にはもう緊張感は無くなってました」

そうやって力を与えてくれたサポーターについては「やっぱり厳しい、苦しい中でも、ああやってしっかり応援してくれる。そしてポジティブな声をかけてくれるっていうのはなかなかないと思うんで。そういった部分も含めて選手たちの力にはなっています」と感謝していた。

チームはなかなか勝てていないが、前所属のNECでの経験を踏まえ、思いを話してくれた。

「昨年、NECに加入した時も、結構降格争いになるんじゃないか、みたいな立ち位置で。なかなか勝てない状況があった中で加入して。やっぱり何かがハマると、そこから一気に結果が出る。今、NEC見たら、ヨーロッパリーグのプレーオフに手をかけてて、カップ戦もファイナルまで行きましたし。だから、本当にサッカーってちょっとしたことだと思うので」

そう一気に話した際は、フロンターレには一気に良くなるだけの質を持ったチームだと言葉を続けた。

(残り 656文字/全文: 1237文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ