「川崎フットボールアディクト」

鬼木達監督「喜び合えるシーンを数多く作るために、自分は仕事をしていると思っています」/J1 第9節 vs東京V【試合前コメント】

◯鬼木達監督
――改めてこの間の練習の時も、やはりもう勝ちたいという率直な思いも働いてたと思います。ちょっとここ2試合結果がなかなか出ないところもあります。改めて連敗ストップ、勝利のために、次の試合大事になるところを改めていかがでしょうか
「やはり点を取らないと勝ち点3というのは取れないので。やっぱりそこにしっかりと向き合いながらやっていかなきゃいけないっていうところと、今週はそういうところも取り組んできているので。そこで成果を出したいなという思いです。ただ、と同時にやっぱり中断明けっていうんですかね。FC東京の後からやっぱり失点自体は少しずつ減ってきているので。そこで紙一重のところで勝ち点をしっかりと拾えてないというところが、反省材料でもあるし、それと同時に少し上向きになっているところもあるので。それをしっかりと押さえながらですね。やっぱり勝つためには失点はしっかり減らし、得点を取ると。当たり前のことをもう一度フォーカスしてやっていきたいなと思っています」

(残り 2538文字/全文: 2971文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ